旅猫

Have some fun with your baby!

【厳選】いえしまに本当に持っていかないといけないものは?

f:id:yurikams:20180718222158j:plain

荷物、全部もって山歩きしないといけない「いえしま」。

極力極力、荷物は減らすに限る、ということで

「持っていかなくていいもの」教えます。

  1. 鍋などの自炊用具。超充実の自炊セット(冒頭の写真+食器洗いスポンジ、たわし)が無料レンタルできます。他、バーベキュー用の網や鉄板、中華鍋、バット、トングなども無料!※米はつきません。
  2. バーベキュー燃料。炭とオガライト、着火剤は現地で購入可能。
  3. 飲み物。品数は少ないですが、ジュース、牛乳、水、お茶、清涼飲料水、ビールの販売があります。
  4. 洗剤類。食器洗い洗剤は炊事場に設置。洗濯洗剤は洗濯機横に設置。浴場にはミヨシの泡ボディシャンプー、シャンプー、リンスが設置。洗剤は全て環境に配慮された商品で、こどもにも安心して使えるのが嬉しい!
  5. ケトル。食堂でお湯のサービスがあります。ロッジは部屋にポットあり。お湯の持ち運び用に保温水筒をもっていきましたが、それはまあまあ活躍しました。
  6. ハンガー。部屋に宿泊定員数分くらいはあります。
  7. 二日分以上の着替え。洗濯機と乾燥機が二台ずつ設置あり。こどもがいるとどうしても多めに着替えを持っていきたくなりますが、毎日簡単に洗えるので、最低限で問題なかったです!(乾燥機不可の服は避けておくとより楽。)
  8. 図鑑、絵本。充実したミニ図書館があります(貸出可能)。絵本をはじめ、図鑑は本当に充実しているので、島でみつけた生き物をその場で調べることが可能です!これは本当にうれしい。

 

更に、屋外冷蔵庫に製氷機まで利用可能

荷物とは関係ありませんが、感動ポイントなのでメモ。

部屋から炊事場が離れていると食材をいちいち取りに戻るのは大変ですが、

炊事場近くの食堂脇に大型の共有冷蔵庫(部屋ごとに区切りあり)があります。

また、量の制限はありますが、製氷機の氷も分けていただけます。

f:id:yurikams:20180718221912j:plain
f:id:yurikams:20180718221901j:plain
f:id:yurikams:20180718222041j:plain
f:id:yurikams:20180718221839j:plain
f:id:yurikams:20180718221828j:plain
f:id:yurikams:20180718222029j:plain

洗濯@300円、乾燥30分@100円

  

逆にいるもの、現地になかったもの

必須:食材、食器類、タオル類、洗顔セット

便利:ガスコンロ、洗濯干し用ひも、ドライヤー

 

食材は、事前に予約注文しておくこともできます。

バーベキュー、カレー、やきそば等

ただ、噂によれば肉はかなりの噛み応えだとか笑。肉のみ持参しても。

 

なんなら、食堂で食べるという手もあります。

f:id:yurikams:20180718221955j:plain

こちらも事前予約のみですが。こうすれば食器すら要りませんね。

いっそ、それもいいかなー、と思ったり。

いや、ご馳走作って食べなきゃキャンプじゃない!と思ったり。。

 

 

関連記事: 

www.tabineko.work

www.tabineko.work

www.tabineko.work

www.tabineko.work