旅猫

Have some fun with your baby!

子供と遊び倒せ!いえしまのおすすめアクティビティ5つ紹介します

f:id:yurikams:20180724213351j:plain

いえしまの海は海水浴だけじゃもったいない!

小さなこどもでも楽しめるアクティビティがいっぱいあるんです。

 兵庫県立いえしま自然体験センター、

ここではなんといっても「こどもが主役」

小学生の校外学習先でもあります。

2歳になったばかりの息子も、立派に遊んでいました。

 

①カヌー、カヤック

f:id:yurikams:20180718222135j:plain

散歩中、艇庫を見つけちゃった息子。カヌーに釘付け。

カヌー、カヤックはレンタル時間が決まっています。

朝一番が9:00~、次は10:30~というような時間割で

料金は1時間800円(カヌー)、1000円(クリアカヌー)でした。

カヌーは最大4人まで乗れます。

 

家族3人で乗りましたが、息子もしっかりパドルを握りご満悦。

波が穏やかなので簡単に進むことができます。

クラゲや岩場の虫、カラフルなブイなど、

こどもの好奇心を刺激する色んなものに出会えました。

 

海水浴

f:id:yurikams:20180718222410j:plain

基本はやっぱりこれですよね。

砂浜にテントやビーチマットを広げて、砂遊びして、水ちゃぷちゃぷして。

海の家とかないですが、監視員さんはいらっしゃるので安心。

写真は遊泳ゾーンの浮島です。ちなみに遊泳ゾーンの外側にカヌーゾーンがあります。

小学生くらいの子供たちは浮き輪を使って自力で浮島まで泳いでいました。

泳げないくらいのお子様でも、大人が浮き輪をひっぱってあげれば簡単に行けます。

ぷかぷか海の上でこどもとごろ~んって、なんだか幸せな時間です。

浮島の下には小さな魚がたくさん泳いでいましたよ~!

 

釣り

f:id:yurikams:20180718222248j:plain

釣りは突堤がベストポイントだそうです。

竹竿は無料で貸してもらえます!

仕掛けは販売もありますが、しっかり釣りたいなら餌を持参するのが良いそうです。

少年たちは、近くの岩にくっついているタニシを餌に奮闘していました!

息子はタニシ取りを手伝わせてもらったり、釣れた魚を見せてもらったり。

f:id:yurikams:20180718222337j:plain

「これフグだよ~」と女の子。

 

磯観察

f:id:yurikams:20180718221353j:plain

親子のんびり散歩するだけで色んな生き物に出会えます。

施設主催の海中探検プログラムに参加するのもいいかも。

箱眼鏡やフローティングベストを無料で貸してくれるのがめっちゃ助かります。

こういうの自分で持っていくとかさばるんですよね~。

f:id:yurikams:20180718222258j:plain

カニとは至る所で遭遇。もっと小さい種類もいっぱい。

 

虫取り

虫籠を下げて虫取り網を持ったこどもがたくさんいました。

虫に詳しい大人をリーダーに草むらに分け入っていく昆虫探検隊や、

もくもくと籠の中の環境整備をする未来の昆虫博士たちも。

 

f:id:yurikams:20180725213514j:plain

窓ガラスにいためっちゃでかいバッタのような虫を見ていたら、

「キリギリスやで」とこどもが教えてくれました(合ってる?)。

 

これは私たちが滞在した中央地区でのお話。

ほかの地区ではまた違った体験ができるかと思います。

創作活動地区とか楽しそうですね。ロッジもできたそうです。

ほんと、遊びに事欠かない島だわ、ここ。

 

関連記事: 

www.tabineko.work

www.tabineko.work 

www.tabineko.work

www.tabineko.work

www.tabineko.work