旅猫

Have some fun with your baby!

『おつきさまこんばんは』林明子

f:id:yurikams:20180125230431j:plain

昼から夜になる不思議。まんまるお月様に猫。

世界はファンタジーでできてるのかも。

おつきさまこんばんは

作・林明子 (福音館書店)

 

内容

深い藍色の夜空にぽっかり上ってきたお月様を猫たちが見てる。

「おつきさま、こんばんは」

そこへ雲がやってきて、お月様を隠してしまい心配する猫たち。

話が済んだと雲が行くと、にっこり笑うお月様がまた現れて

ああよかった、ほっとした。というお話。

 

 

母の感想

これまでの林明子さんの絵本とは、使われる技法がずいぶん違って、

しばらくは林明子さんの絵本とは気づかず読んでた。

勉強熱心で幅広い作家さんなんだなぁと思う。

 

月って神秘的な女神さまのようなイメージだったけど

ここに登場するおつきさまはこどもみたい。

表情がいたずらっこみたいでキュートなんよね。

猫たちがおつきさま大好きな様子もかわいくて癒される。

  

こどもの反応

うちの赤ちゃんは早寝で、

ずっと夜の世界を見たことがなかったから、

夜になるとこうやって真っ暗になって、

おつきさまがでてくるんだよーっていいながら、

一緒によくこの絵本を読んでた。

 

丸いものに目がない赤ちゃんは、

やっぱり丸いおつきさまにも心惹かれるようで

この絵本は何度も何度も自分でめくってみてた。

好きすぎてぼろぼろになった絵本の内の一冊。

 

0歳から楽しめるし色合いも素敵なので、お祝いにもいいと思う。 

 

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)