旅猫

Have some fun with your baby!

『ゆめ にこにこ』柳原良平

f:id:yurikams:20180125230017j:plain

まるいお顔があかちゃんのハートを鷲摑み。

ともだちの出産祝いにあげたい絵本ナンバーワンです。

ゆめ にこにこ

作・柳原良平 (こぐま社)

 

内容

カラフルな色使いとシンプルで大きな絵柄、

こどもの身の回りにある擬音語の絵本です。

 

かお じゃぶじゃぶや、はみがき ごしごし

そんな一般的な擬音語にはじまり、

音のない月はまさかの「しーん」で、

ゆめは「にこにこ」という・・・

読むと思わずにこにこしちゃう絵本です。

 

 

母の感想

実をいうとはじめは印象の薄い絵本でした。

ただ、こどもがはじめてこだわって

読みたがった絵本がこれで、

今ではすごく印象深い絵本になりました。

 

せがまれて何回も読んでいるうちに、

ことば並びのテンポのよさや、

内容のシンプルな魅力がわかるように。

 

あかちゃんの好きなまるい図柄が

たくさん出てくるのも、

人気の秘密かもしれません。

 

きっと大人は選ばないと思う絵本です。

でもあかちゃん目線では間違いないやつ。

だからこそ、

出産祝いのプレゼントとしておすすめです。

 

こどもの反応

低月齢の頃はぼーっと見ているだけで、

特に反応する様子もなかったように思いました。

 

7、8ヵ月の頃でしょうか、

繰り返し読んでほしがるようになり、

特にかおじゃぶじゃぶはお気に入りで、

読むと必ず、

顔を洗うしぐさを真似ていました。

 

1歳をすぎブームは落ち着きましたが、

読むと今も嬉しそうに

しぐさを真似ながら聞いています。

 

ゆめ にこにこ

ゆめ にこにこ