旅猫

Have some fun with your baby!

ふたりめを妊娠したとき読みたい「あかちゃんがやってきた」

f:id:yurikams:20171122134517j:plain

こどものともってなんでこんなに名作ぞろいなんでしょうか。

今日紹介する「あかちゃんがやってきた」は、こどもに弟や妹ができるときぜひ読んであげたい絵本です。

 

あかちゃんがやってきた

角野 栄子  作 /  はた こうしろう  絵 (福音館書店)

 

あらすじ

ある日、お母さんが僕にそっと「赤ちゃんが生まれるの」とささやいた。

そのときから赤ちゃんについて思いをめぐらせる僕。

赤ちゃんが生まれるなら、弟がいいな。

弟と一緒に何して遊ぼうか?

ひょっとしたらお母さんは赤ちゃんの方がかわいいのかな?

だんだん大きくなるママのお腹、高まる期待と不安。

これは、赤ちゃんが生まれて僕がお兄ちゃんになるまでのおはなし。

 

 感想

息子に読み聞かせしながら、自分が引き込まれてしまって、うるうるしながら読んだ本です。といっても、全然泣かす系じゃないの。どっちかというとサッパリ系。

お母さんも僕に必要以上にケアしなくてのほほんとしてるし、僕は僕ですねたりしながらもあっけらかんと受け入れてる。こういう距離感いいなぁって思う。

「下の子が生まれるときはとにかく上の子を優先して!」みたいなの、ちょっと不自然な気するもんね。

だから、もし下の子ができるならまた改めて読みたいなぁって思った。

 

角野さんのおはなしってなんだか妙なリアル感があるよね、女性的な。そして上品。

魔女の宅急便が有名やけど、「サラダでげんき」っていう、長新太さんの絵が独特な絵本があって、こちらも内容はぶっとんでるのにサラダのレシピが妙にリアルやったりして好き。

 

あかちゃんがやってきた (こどものとも絵本)

あかちゃんがやってきた (こどものとも絵本)

 

 

サラダでげんき (こどものとも傑作集)

サラダでげんき (こどものとも傑作集)

 

 

赤ちゃんを待つという内容の絵本では、以前「おへそのあな」という長谷川義史さんの絵本を紹介しています。

こちらも読んでいてほっこり心があったまる、素敵な絵本です。 

yurikams.hatenablog.com