旅猫

Have some fun with your baby!

紀ノ川柿は真っ黒でとろあまの濃厚な柿だというはなし

f:id:yurikams:20171101110402j:plain

こんにちは。カムスです。

柿が美味しい季節ですね~。

片手にみかん、片手に柿を山盛り下げて帰る道すがら、日本の秋を思います。

いやー、日本に生まれてよかった。

 

 

先日、いつも買う和歌山の果物直売所で、面白い柿を見つけました。

f:id:yurikams:20171101110456j:plain

左:平柿  右:紀ノ川柿

見た目はそんなに変わりません。ちょっと色が濃くて熟したかんじ。

でも実際触ってみるとまだ全然固いんです。

 

切ってみると・・・・

f:id:yurikams:20171101110829j:plain

黒い!!!

なんだこれ、渋が残ってるの?

って思って食べてみるとこれが、めっちゃくちゃ甘い!!!

完全に熟したようなとろんとろんの甘さ。でも食感は平柿らしくシャキシャキ。

あと、黒く見えるところの舌触りがざらざらしてる。ざらシャキとろあま。

なんともまぁ・・ふしぎな柿です。

 

気に入ったので調べてみると、紀ノ川柿の正体はなんと平柿でさらにびっくり。

一般的な平柿は収穫してから渋を抜くのに対し、紀ノ川柿は木の上でひとつひとつ袋をかぶせて渋を抜くそうです。それだけでこんなに全然違う柿が出来上がるんですねぇ。

紀の川柿 紀ノ川柿 きのかわがき<柿の品種:旬の果物百科

 

あと、知らなくてびっくりしたのが、柿の渋抜きって別に本当に抜くわけじゃないんですね!?みんな知ってるのかな?常識?

渋抜きって水溶性の渋(タンニン)を舌が感じないように固めちゃうことらしいのです。つまり渋み成分は少しも減ってない。なるほどー。。。

 

なんて、どうでもいいですね。

お伝えしたいのは、紀ノ川柿を見つけたら、おもしろ甘おいしいのでぜひ買ってみてください!ということです。

 

うちのベビ助も気に入ったようでモリモリ食べてました。

ただ食べた後のウンチに柿の黒い繊維がいっぱい出てぎょっとします(笑)

 

和歌山のお近くにお住まいじゃない方はぜひAmazonで。